(Recovering delay of schedule) EBOOK/PDF ´ Toshifumi MOTOZONO

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Recovering delay of schedule『スケジュールの遅れを回復する方法』 はじめに 目次 1 遅延発生の原因分析 2 5つの遅延回復策 21 「作業の量」で対応する 211 増員で対応する 212 残業や休日出勤で対応する 22 「作業の質」で対応する 12 外部要因の例 2 5つの遅延回復策 21 「作業の量」で対応する 211 増員で対応する 222 負荷バランスの調整で対応する場合 23 要員交代で対応する場合 23 「作業内容の最適化」で対応する 231 間接作業の縮小で対応する場合 232 プロセスや規約への準拠を緩和することで対応する場合 233 ドキュメント記述レベルの簡略化で対応する場合 234 中間成果物の削減で対応する場合 235 中間成果物の品質基準を緩和することで対応する場合 236 レビューの最適?. 234 中間成果物の削減で対応する場合 235 中間成果物の品質基準を緩和することで対応する場合 236 レビューの最適?. ?(回数、方法、範囲、基準)で対応する場合 24 「作業効率の改善」で対応する 241 作業の効率化で対応する場合 242 会議の効率化で対応する場合 25 「リスケジュール」で対応する 251 タスクの並列化策を取る場合 252 タスクの期間短縮策を取る場合 251 タスクの並列化策を取る場合 252 タスクの期間短縮策を取る場合 3 派生する影響の検証 41 再発防止策の検証 252 タスクの期間短縮策を取る場合 3 派生する影響の検証 41 再発防止策の検証 .



Toshifumi MOTOZONO Ï 8 FREE READ

.

 Earth Divination Earth Magic  The Spiritual Scientist